• Facebook
  • twitter
  • instagram
menu close

2020年11月18日更新

【日本酒】正しいお燗のつけ方とは?美味しい熱燗を自宅でも飲みたい!

冬にはおでんと熱燗・・・。お店で温かい料理と熱燗というのも粋なものです。

でも、自宅でも手軽に美味しい熱燗が飲みたい!
そんなことを思ったことはありませんか?

鍋のお湯で徳利を温めればいいんでしょ?でもどのくらい温めれば・・・

今回はそんな疑問を解決したいと思います。

家で熱燗をつけたことはないので、簡単にできるならぜひやってみたいです!

熱燗って何度?温度による呼び方の違い

日本酒の温度の違いといったら、「冷酒」「冷や」「熱燗」くらいはよく聞きますが、温度帯による呼び方の違いはこれだけなのでしょうか?

いいえ、実はかなり細かく分類されているのです。
まずは温度ごとの呼び方の違いを知りましょう。

まずは冷酒から。

冷酒の呼び方と温度

雪冷え(ゆきひえ) 5℃近辺
花冷え(はなひえ) 10℃近辺
涼冷え(すずひえ) 15℃近辺

このように、5℃ごとに風情のある呼び名がつけられています。
「冷酒を花冷えでお願いします」なんて注文したらなんだか通な感じがしますね(笑)

燗酒の呼び方と温度

日向燗(ひなたかん) 30℃近辺
人肌燗(ひとはだかん) 35℃近辺
ぬる燗(ぬるかん) 40℃近辺
上燗(じょうかん) 45℃近辺
あつ燗(あつかん) 50℃近辺
飛びきり燗(とびきりかん) 55℃以上

燗酒の呼び方は割とわかりやすい表現ですね。

40℃はたしかに「ぬるい」温度というイメージ。
普段よく使う「熱燗(あつかん)」という呼び名は50℃くらいということがわかります。

熱いお茶やコーヒーと比べたら温度は低いのであまり想像が付きづらいかもしれませんが、そこは飲み比べて自分の好きな温度を探しましょう。

(温度ごとの呼び名参考:国税庁

こんなにたくさんの呼び方が…!
燗酒は「熱燗」以外知りませんでした(笑)

美味しい燗酒を自宅でつけるコツ

温度ごとの呼び名を理解したところで、ここからが本番です。
自宅でも美味しい燗酒を飲みたい!・・・という願いを叶えるためのポイントをお伝えします。

湯煎で美味しい燗酒をつける方法

湯煎が一番オススメの方法です。
シンプルなので、以下の手順で燗酒をつけてみてください。

① まず、徳利の9割くらいまで日本酒を入れる
② 鍋には徳利の半分くらいの水位で水を張る
③ 水を沸騰させて火を止める ★ここがポイント!
④ 火を止めた状態で徳利を鍋に浸す
⑤ 自分の好みの温度までつけたら徳利を鍋から取り出す
 ※ぬる燗なら2分30秒が目安、熱燗なら3分くらいが目安
 ※それ以外の温度にしたい場合、徳利を持ち上げて底を触ってみて、自分なりに美味しい温度を見つけてください。

以上です!
とてもシンプルですよね?

水を沸騰させて火を止めてから徳利を鍋に浸すというところが注意すべきポイントで、その他は時間さえ守れば大体OKです。

湯煎で適切に温めれば、ムラなく温められ、やわらかい味わいの燗酒ができます。

電子レンジで美味しい燗酒をつける方法

湯煎はちょっと手間だし、さくっと済ませたいという場合には電子レンジでも可能です。

電子レンジで燗酒をつける場合は以下の手順です。

① 徳利の口をラップで覆う
② 日本酒1号(180ml)の場合、500Wで、ぬる燗なら50秒、熱燗なら60秒を目安に加熱
③ 徳利の上部と下部で温度差が出るので、マドラーなどで混ぜるか、徳利を軽く振って慣らす

以上でできあがりです。
電子レンジの場合は温度のムラができやすいので、最後に混ぜるというひと手間が必要です。
それ以外は割と楽ですかね。短時間で済みますし。

ただ、お店で電子レンジで燗酒をつけるわけがないのが答えで、おすすめのつけ方はやっぱり湯煎になりますね。

燗酒に合う料理7選

あとは飲むだけ!というところで、せっかくなら燗酒に合う料理と一緒にいただきたいですよね。
お家でも簡単に作れる料理の中で、燗酒に合う料理をご紹介いたします。

おでん

熱燗といったらおでん!この相性は抜群です。
寒い季節になったらそそられますよね。
家で作るのも簡単ですし、スーパーやでもパックになって温めるだけというのもあります。
最も身近なところではコンビニでも!レジ横が定番ですよね。

塩辛

塩辛は冷酒よりも燗酒が合うのではないでしょうか。
イカの肝臓や食塩を加えて熟成させたものなので、風味が強めの料理です。でも、一口食べたあとに熱燗を飲むと、臭みを丸めこんでくれるような。
作るというのはなかなか手間ですが、スーパーでもよく見かける一品です。

ブリ大根

家庭料理の定番!でもあまり作る家庭は少ないでしょうか?
醤油・みりん・砂糖の味付けで、日本料理の王道ですよね。温かいうちに食べたい料理で、燗酒との相性も抜群です。

煮込み

煮込み料理全般は寒い時期に食べたい料理の定番ですよね。
代表的なのは牛筋やもつ煮込み。大体味が濃いめですが、燗酒が口の中をまとめてくれます。

たこわさ

夏でも冬でも美味しいたこわさ。
熱燗にも合うんです。鼻にツーンと抜ける感じが、熱燗を飲んでも余韻に包まれます。
この辛みが好きな方は熱燗とのセットにハマるかも。

えいひれ

これは熱燗とえいひれのエンドレスリピート!
焼きたての柔らかいえいひれに一味をかけたマヨネーズを絡めていただく。
そこに熱燗を流し込む・・・はい、おかわり確定です。

サバ味噌

鯖味噌は鯖の中に味噌がしっかり染み込んでいて味は濃いめです。
その後味残る中に、熱燗特有の香りが口の中に広がると美味しさ2倍です。
温かいご飯も間違いなく合いますが、代わりに熱燗でいかがでしょうか。

まとめ

以上、燗酒の解説と自宅での簡単なつけ方、燗酒に合う料理の紹介でした。

いかがでしたか?
もう鍋で水を温め始めましたか?

自宅での日本酒の楽しみ方が増えると、益々日本酒が美味しく、楽しくなります。
ぜひ、とくに寒い時期には、燗酒も自宅で嗜んでください!

おすすめ記事