• Facebook
  • twitter
  • instagram
menu close

2021年01月18日更新

【六本木×日本酒】温度にこだわる日本酒屋『ぬる燗佐藤』

美女と美味しい日本酒屋さんを巡る『美女と日本酒』

今回は六本木にある『ぬる燗佐藤』に行ってきました!
提供する日本酒の”温度”にこだわったお店です。

日本酒大好き、ゆなです!
今日は大人な街、六本木でそわそわしながら日本酒をいただきました(笑)
日本酒の温度にとてもこだわってる店。ワンランク上の日本酒の世界を見ることができました!

東京の歓楽街として代表的な場所、六本木。

そんな六本木の中でも1本路地に入り、静かな通り沿いに『ぬる燗佐藤』はありました。

味覚はもちろん、視覚も楽しめる店内は必見です!
ぜひ、イメージとは異なる六本木の新たな一面を見に行ってください。

それでは、お店を紹介してまいります。

ぬる燗佐藤

華やかな印象の六本木にもこんなに落ち着いた和の雰囲気のお店もあるのですね。
しかも!高級店というわけではなくかなりコスパの良いお店なんです。

まず、店内に入って視界に飛び込んできたのは・・・

ど~~ん!

圧巻の日本酒たち!!

魅せますね~~~
日本酒好きは思わず「わっ!」と声をあげてしまうくらいテンション上がります。

この前に立って何を飲もうか考えたくなってしまいます。。!

さて、カウンター席について、本日のオススメ料理を拝見。

活け物・・・!?

はい、すでに席につく前に見えたのですが(笑)水槽があります!
あとで注文してからお見せしますね。

皮ハギ薄造りが気になりますが、
とりあえず最初はビールを飲みつつ料理を選びたいと思います。

『プレミアムモルツ』です。

それでは、乾杯!

ゆなちゃん、今日もよろしくお願いします^^

まずお通しで登場したのは『数の子と水菜のお浸し』

さっぱり美味しい!
数の子の食感が良い感じです。

そして、前菜という感じで注文したのが、『インカポテトサラダ いくらぶっかけ』

ポテサラにいくらって合うの・・・?
という興味がそそられました。

合う!!

合うどころか、相性抜群です。
ポテトの甘さがいくらのしょっぱさと合わさるとちょうどいい感じ。
かなり美味しいです。

ビールにも合いますね~




さらにもう1品、これは日本酒のために注文しました。

『あん肝ぽん酢』

日本酒には欠かせないですよね!

美味い!
日本酒ください!

生臭さゼロで、最高に美味しいです。

これは日本酒を頼むしかない。
ということで日本酒を頼みますが、日本酒でいただきたいもう1品が、

『活皮ハギ薄造り』

お待ちかねの活け物ということで、まずは捕獲することから始まります!

壁際に追い込んで、、

獲ったど~!!

とは言わずに、クールに捕獲してましたが(笑)

そして調理してできあがった薄造りがこちら!

芸術!!

ふぐ刺し(てっさ)を彷彿とさせるこの薄造り、皮ハギ1匹分ってこんなにできるんですね。

食べ方ですが、シンプルに醤油、ぽん酢というのと、
皮ハギのキモをぽん酢に入れて絡めて食べるという3パターンも楽しめるんです。

こちらがそのキモです。

キモぽん酢で早速いただきます。

てっさをいただくときのように横からざざっと・・・

キモぽん酢をたっぷり絡めていただきます・・・!

お味はこの表情で察してください(笑)

表情の通り最高に美味しい!
醤油やぽん酢だけでももちろん美味しいですが、キモぽん酢との相性が最高に良いです。
3~4枚束ねて濃厚なキモと絡めて、ぽん酢でほどよくさっぱり締めるとバランスが良くて美味しさ絶頂という感じです。

これは日本酒が欲しくなる。。
というわけで最初に頼んだ日本酒は、




司牡丹 純米 @高知

高知の司牡丹酒造という酒蔵さんが造っている日本酒で、酒米で有名な山田錦を自ら栽培して造っているお酒なんだそうです。

米の旨味がしっかりしています。どちらかというと日本酒好き(玄人)向けですかね。
余韻が長く楽しめるお酒でした。

こちらのお店の徳利は熱燗にも冷にも対応できるこんな徳利です。
1杯いかがですか?(という写真)

ちなみにこちらのお店では注文した日本酒の札を掛けていただけるんです。
しかもお気に入りの日本酒があればこの札を持ち帰ってもいいそうです。
全部持ち帰ろうと思っていたのにうっかりすべて忘れてしまいましたが。。

さて、日本酒とともに皮ハギ薄造りをいただきつつも、他にもお刺身があります。

皮ハギ薄造りと同じ大皿に持っていただいたのは、
『鮪の刺身』『活つぶ貝の刺身』です。

そうです。つぶ貝もさっきまで生きてました!

鮪は分厚めの赤身で食べ応え十分、美味しさも十分です。
逆にいうとそれ以上に特徴はないですかね(笑)

ゆなちゃん大好きなつぶ貝の中でも活つぶ貝ということで、鮮度抜群の美味しさでした。

美味しい刺身たちのおかげで日本酒がどんどん進みます。

羽根屋 純米吟醸 クラシック にごり酒 @富山

にごり酒です。食中酒として料理と合わせやすい、って説明に書いてますが、たしかに刺身とも違和感なく合いました。
口に含んだ瞬間は一瞬キリっとする感じがしますが、あとからふんわり華やかさで包まれるような感覚です。
これは美味い。

皮ハギ薄造りが大量なのでまだありつつも、続いての1品も届きました。

『ずわい蟹天ぷら』

雪塩でいただきます。

うん、もう最高。。蟹肉をしっかり感じる蟹クオリティ。
これまた日本酒が進みますね。

次の日本酒ということで、そろそろ店名にもなっているぬる燗のお酒をいただこうと思います。

勝山 献 純米吟醸 ぬる燗 @宮城

ぬる燗で美味しいお酒ということでオススメいただいた日本酒です。

飲んだ瞬間「ぬる燗美味しい!」
普段は冷やを頼みがちですが、ぬる燗もいいなって思えました。日本酒の楽しみ方はたくさんありますね。
我々個人的には、熱燗よりもぬる燗が好きだな~と。

ちなみに、ぬる燗は40℃くらい、熱燗は50℃くらいのようです。

しっぽり飲んでいると、ぬる燗にも合う最高のおつまみが来ました。

そうです。『梅水晶』です。
メニューにあったら頼まないことがないですね、これは。
日本酒のお供に最強説あります。

もちろん、ど安定の美味しさ。

そしてもう1品。




『雲丹とずわい蟹の甲羅焼き』

一生食べていたい(笑)
日本酒に合いすぎます!これまた蟹の身がしっかりしてて、雪を踏み締めるようなぎゅっとした食感。
たまりません。。

そしてさらにもう1品。

『地蛤吟醸蒸し』!!

汁最高!染み渡る。。
これも一生飲んでいたいと思えます(笑)

身も大きくて食べ応えがあって美味しい。
出汁と塩くらいの味付けだと思いますが、それがシンプルで最高に美味しいです。

締め時のこういう汁物は最高ですね。

いよいよ日本酒もラストとなり、最後に注文したのはこちらです。

銀盤 播州50 純米大吟醸 @富山

飲み口は透き通ってて辛口寄りからスタートするのですが、後味丸い印象。
蟹甲羅焼きとの相性ぴったり。良い感じに締まりました!

食事は締めたところで、今回は『ぬる燗佐藤』を運営する東京レストランファクトリー株式会社のシニアマネージャー金子さんにお話を伺いました。

シニアマネージャー金子さん

非常に日本酒へのこだわりを感じるお店ですね。
こだわりのポイントをお伺いできますか?

ただ多くの日本酒扱うだけでなく、お酒にあった温度で提供することで、杜氏さんの想いを伝えたいという想いで温度にもこだわっています。

お酒にあった温度ですね。それは杜氏さんにも喜んでいただけそうですね。
ここにこれだけの日本酒が飾ってありますが、全部を適正温度で提供するというのもなかなか普通はできないと思います。

ここに飾っているのも一部で、ぬる燗佐藤では少量多種で100種類くらい扱っています。
それぞれ熱燗、ぬる燗、冷酒など、おすすめの温度で提供しております。

それはすごいですね!
最後になりますが、これからの抱負をお願いいたします。

国酒である日本酒の伝統や文化を伝えていきたいですね。

ありがとうございました! これからも楽しみにしております。

杜氏さんも自分たちが造った日本酒がこれだけの想いで提供してもらえたら嬉しいでしょうね。
金子さん、ありがとうございました!

というわけで、『ぬる燗佐藤』さんをご紹介しました。
日本酒好きのみなさんは是非行ってみて、温度にもこだわってお召し上がりください!

『ぬる燗佐藤』のお店情報

店名 ぬる燗佐藤
ジャンル 日本酒、和食、懐石・懐石料理
電話番号 050-5269-7145
住所 東京都港区六本木7-17-12 六本木ビジネスアパートメンツ 1F
交通手段 東京メトロ日比谷線六本木駅 2番出口 徒歩2分
都営大江戸線六本木駅 7番出口 徒歩2分
営業時間 【夜営業】
[月~土]17:00~23:30(22:30 LO)
定休日 日曜日
席数 30席
喫煙・禁煙 分煙
支払い方法 カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
お店のホームページ http://www.nurukan-sato.com/
食べログページ 食べログで確認する
今回の予算 2人で30,750円(税込) | 1人あたり15,375円(税込)

【ご購入はこちら】今宵の日本酒一覧

※記事でご紹介の日本酒がAmazonで取り扱いがない場合は、同じ銘柄のなるべく近しい商品をご紹介しております。

司牡丹 純米吟醸酒

酒造名 :司牡丹酒造
特定名称:純米吟醸
精米歩合:60%
原料米 :国産米

羽根屋 純米吟醸 Classic

酒造名 :富美菊酒造
特定名称:純米吟醸
精米歩合:60%
原料米 :雄山錦

勝山 献 純米吟醸

酒造名 :勝山酒造
特定名称:純米吟醸
精米歩合:50%
原料米 :山田錦

銀盤 播州50 純米大吟醸

酒造名 :銀盤酒造
特定名称:純米大吟醸
精米歩合:50%
原料米 :山田錦

おすすめ記事