• Facebook
  • twitter
  • instagram
menu close

2021年01月18日更新

風情ある一軒家でいただく湯葉と旬肴と日本酒『神楽坂おいしんぼ』@神楽坂

美女と美味しい日本酒屋さんを巡る『美女と日本酒』

今回は神楽坂にある『神楽坂おいしんぼ 本店』に行ってきました!
着物を着て歩きたくなるような風情ある石畳の小路を通り、京都を感じさせるような一軒家の和食屋さんです。

日本酒大好き、ゆなです!
今回は日本酒と同じくらい大好きな街、神楽坂にいってきました☆
江戸時代の風情を残しているステキな街です!

神楽坂は3つの駅から通うことができますが、今回は坂下の飯田橋駅から向かいました。
飯田橋駅から坂を上って徒歩5分ほどのところにお店はあります。

神楽坂といえば、石畳の小路。
お店に向かうまでも楽しめる街ですね。

そんな風景からご紹介してまいります。

坂を上りきったあたりです。
歩道もすでに石畳ではありますが、本番はここからです。
細い路地に入ります。

どうですかこの細い道!
見つけたら吸い込まれますよね?
良いお店がある気がしてならない良い小路ですね。

今日は神楽坂の雰囲気に合わせて、着物で来ていただきました。
着物での登場は久しぶりです。爽やかできれいな着物ですね^^

小路を歩いていきますと、

猫ちゃんがいました!笑

一旦戯れつつ、また小路を進んでいきます。




ここも雰囲気出てますね~。

ついつい写真を撮りながら進みます(笑)

そしてようやく到着です。

神楽坂おいしんぼ 本店

一軒家の旧料亭をそのまま残しているようで、店内の雰囲気も抜群です。
カウンターから座敷、テーブル、屋根裏の個室と幅広い席があります。

今回通していただいた席はこちら。

2名ずつ2組入れるお部屋です。
古き良き邸宅感が出ていて雰囲気最高です。

席に着くと、オリジナルのマスク入れが置いてありました。
ご時世を配慮した、粋な計らいですね。

それでは本日のお品書きを見てみましょう。

三浦直送のお刺身は気になりますね・・・

通常メニューでこちらのお店の定番メニューとしてはこちら。

湯葉料理。

夏におでんも悪くないですが、、冬にとっておこうと思います(笑)
シンプルに湯葉のお造りをいただこうかと!




日本酒メニューはこちら。

全7品の日本酒。
制覇できるか・・・!?

さて、とりあえず乾杯しましょう!

乾杯♪

見ての通りですが、『プレミアムモルツ』です。

キンキンに冷えてて最高です。

お通しにもこだわりを感じます。

『鰻とざく切り野菜の酢の物』

ちょうど前日が土用の丑の日だったからでしょうか。
お通しに鰻とは贅沢ですね!
鰻の酢の物は初めてでしたが、さっぱり系の鰻も悪くないです。

そして最初に登場した料理は、

『刺身盛り合わせ』

ラインアップは、

かつお
イナダ
〆鯖

どれも厚切りで食べ応えすごくあります。鮮度も抜群です。
写真ではカットレモンで隠れていますが、、〆鯖旨っ。。

ビールにももちろん合いますが、日本酒にとっておいて、、
もう1品を先にいただきます。

『枝豆のかき揚げ』

これこそビールにぴったり!
ほくほく熱々。

豆自体甘目で、塩無くても美味しいですが、
添えられている藻塩で食べても尚美味しいです。

ビールを飲み干したところで、日本酒に行きたいと思います。
最初に頼んだ日本酒はこちら。

刈穂 夏 純米吟醸 六舟 -Summer Mist- @秋田

秋田県の名酒『刈穂』の夏酒です。

徳利とおちょこスタイルでいただきます。

とっとっと。

刈穂と言ったら辛口のイメージですが、優しい口あたり。
爽やかで美味しいです。

こちらのお店の冷酒はキンキンというよりは、常温よりも5℃くらい冷たいかなという温度感です。
暑い時期なのでキンキンに冷えたお酒もいいですが、冷えすぎていない方が味わいは感じやすいですね。

刈穂と一緒に、取っておいた刺身をいただきました。
う~ん、合う!

続いていただいた料理は豪快な大きさの一品。

『穴子の一本揚げ』

噛んだ瞬間わかる。ふわふわ激旨!

アナゴの天ぷらは重たくなく、日本酒によく合います。
いや~、これは今日一の旨さですね。

続いてはこちらの日本酒です。




玉の光 純米大吟醸 @京都

一升瓶どころじゃない大きさの瓶を持ってるように見えますね(笑)
もちろんただの遠近法です(笑)

お店の雰囲気そのものの京都のお酒を選びました。

『いただきます。』

どっしり。
あと引く香り。余韻長い。

「湯葉造りとご一緒に」という紹介があったので、一緒にいただくことにしました。

『湯葉のお造り』

どっしりした日本酒と湯葉のとろみとマッチ!

湯葉はというと、とろっとして甘いです。
湯葉も食べて京都がさらに高まりましたが、こちらのお店が京都推しかどうかは定かではありませんのでご注意ください(笑)

さて、続いての日本酒は、

李白 やまたのおろち 辛口 特別純米酒 @島根

キリッと辛口。こってり系に合いそうな。
辛い中にも優しさがあって、余韻は柔らかく丸くなってく感じ。
え、ツンデレ!?

「とろとろ角煮とよく合います」という紹介がありましたが、角煮は頼まずに『厚切り牛タン』をいただきました。

厚切りで食べ応えあって美味しい!

牛タンを食べると仙台を思い出します。(個人的に笑)
味わいはTHE牛タンっていう旨味です。割と想像つきそうな。

ぜひともランチに定食でいただきたいです。

日本酒のペースも上がってきたところで、次の日本酒を頼もうというところですが、
実は今日のゆなちゃんが来ている着物の腹帯も日本酒を飲んでるんです。

うさぎさんと亀さんの晩酌。
かわいいでしょ?笑

うさぎさんもほろ酔いになったところで、次がこのお店最後の日本酒です。

大雪渓 無濾過生原酒 @長野

「だいせっけい」と読みます。

ぴちぴちとしたガス感、、という前評判はボトルの中身が残り僅かな状態だったのでガス抜けたのかな?と思いましたが、飲んだ瞬間の感触はガツンと来る感じです。

酸味があってキレのある感じなので、最後に頼んだ『地鶏の柚子胡椒焼き』にも合いそうな。

うん、やっぱり合う!

照り焼き系の味付けで美味しいです。
柚子胡椒はそこまで強めではなく風味程度でした。

これもランチ時にご飯と一緒にいただきたいですね!
でも夜は同じ米でも日本酒で我慢します。。

以上、神楽坂おいしんぼでした。

雰囲気も良く、どの料理も日本酒も美味しいお店なので、ぜひ神楽坂に来たときは行ってみてください^^

『神楽坂おいしんぼ』のお店情報

店名 神楽坂おいしんぼ 本店
ジャンル 湯葉料理、和食、日本酒
電話番号 03-3269-0779
住所 東京都新宿区神楽坂4-8
交通手段 東京メトロ飯田橋駅:徒歩5分
JR飯田橋駅:徒歩7分
都営大江戸線牛込神楽坂駅:徒歩4分
東京メトロ神楽坂駅:徒歩6分
営業時間 昼 11:30~15:00 (L.O 14:00)
夜 17:30~23:00 (L.O 22:30)
定休日 年中無休
席数 50席
支払い方法 カード可(VISA、Master、JCB)
お店のホームページ http://wa-kinari.jp/k-oishinbo/index.html
食べログページ 食べログで確認する
今回の予算 2人で17,259円(税込) | 1人あたり8,630円(税込)

さてさて、今宵はおまけでもう1軒行っちゃいますよ!

日が暮れて暗くなった石畳の小路もまた雰囲気がさらによくなりますね。

石畳の奥の光にそそられます。
神楽坂の通りまで出たところに、蕎麦メインのお店があります。

九頭龍蕎麦 はなれ

ランチ、ディナーに加え、23時以降Barタイムもやっているお店なんです。

席の雰囲気はこんな感じ。

着物が似合う!!

お店チョイス完璧でした。
ちなみに女性の店員さんも着物を着ていました。
雰囲気から素晴らしいお店です。

さて、2軒目の乾杯をしたいところですが、気分転換に日本酒から変えてみました。

『桃のカクテル』です。

桃の果肉が入ったリキュールを使っています。

こちらのリキュール、日本酒で有名な鳳凰美田を造っている小林酒造が造ったリキュールなんです。

夏にぴったりな、桃のフレッシュさを感じるカクテルに仕上がってます!
すっごい爽やかで美味しいです。

日本酒ブランドが製造するリキュール使うくらいなので、日本酒にもこだわっている予感しますね。
有名処が多かったですが、こちらの日本酒を選びました。

黒龍 純米吟醸 @福井

福井県の定番の日本酒ですね。

もちろん味は・・・うんまい。
透き通っていて、雑味ゼロ
日本酒好きな人は絶対好き。
飲み慣れてない人にも飲みやすいと思います。

2軒目でもおつまみに刺身を頼んじゃいました。

水蛸つぶ貝のお刺身です。

1軒目ではお魚だけだったので、タコと貝にしました。
ゆなちゃん大好きなつぶ貝です(笑)

どちらも新鮮で激うまです。
水蛸はジューシーで、吸盤はコリコリで多彩に楽しめます。

黒龍はするっと飲めてしまって、早くも次の日本酒です。

白龍 純米大吟醸 @福井

黒龍に対して白龍。

同じ酒造の違う銘柄ではないですよ?
同じ福井県のお酒なのですが、黒龍はその名の通り黒龍酒造が造っていて、白龍は吉田酒造という蔵で造られているんです。

吉田酒造は250年以上続く伝統ある蔵を、現在は全国最年少の女性杜氏が受け継いでいるんだそうです。
若手の次世代が引き継いで伝統を守っていってるなんて素敵ですね。

風味が特徴的に感じました。
甘めの香りが鼻に抜ける感じです。
こちらもすごく美味しいです。

黒龍と白龍、どちらが好みかはぜひ試してみてください^^

とうことで、今回の日本酒はこちらで最後でした。
蕎麦屋さんなので〆に蕎麦をいただきました。

・・・ランチかな?

海老天が食べたくて海老天ざるを注文したら、海老天以外にもたくさん(笑)
でも最高に美味しかったです。
海老天は1番ベタな表現しますが、プリップリ
お蕎麦も美味しくて、締めに最高でした。

以上で、神楽坂はしご酒はおしまいです。

今回紹介した2軒はしご酒はかなりオススメですので、ぜひ行ってみてください^^

『九頭龍蕎麦はなれ』のお店情報

 

店名 九頭龍蕎麦 はなれ
ジャンル 蕎麦、懐石、日本酒、日本酒バー
電話番号 03-6228-1937
住所 東京都新宿区神楽坂5-1-2 神楽坂TNヒルズB1F
交通手段 東京メトロ飯田橋駅:徒歩5分
JR飯田橋駅:徒歩7分
都営大江戸線牛込神楽坂駅:徒歩3分
東京メトロ神楽坂駅:徒歩5分
営業時間 [月~金]
11:30~14:30(LO14:00)
17:00~23:00(LO22:30)
[土日祝]
11:30~23:00(LO22:30)
[月~土]*バータイム営業
22:30~28:00
定休日 無休(夏季及び年始休暇有り)
席数 50席(カウンター4席/個室・座敷有り)
支払い方法 カード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
お店のホームページ http://kuzuryu-soba.com/
食べログページ 食べログで確認する

おすすめ記事