• Facebook
  • twitter
  • instagram
menu close

2020年12月04日更新

新宿三丁目にある貝専門店『はまぐり』で日本酒と貝三昧

美女と美味しい日本酒屋さんを巡る『美女と日本酒

今回は新宿三丁目にある貝専門料理店『はまぐり』に行ってきました!
店名に魅力が溢れてますね。その通り、はまぐりを中心とした貝の専門店です。

焼き、刺身はもちろん、餃子まで中身は貝です!
貝好きにはたまらないお店をご紹介いたします。

新宿はよく行く街なのですが、こんなに貝が美味しい店があるとは知りませんでした!

新宿三丁目駅C4出口からは徒歩1分という立地に、まるで港町にでもありそうな貝専門料理店があります。

門構えも良い雰囲気ですね。

早速ですが、メニュー紹介です。

見てください、この貝料理の豊富さ!
目がチカチカするほど貝料理尽くしですね。

続いて日本酒メニューはこちら。




1,000円未満の日本酒は1合。
1,000円台の日本酒は300ml瓶。
それより高いものは4合瓶というラインナップ。

飲む量にも寄りますが、少しずつたくさんの種類を飲めるお店というよりは、
日本酒はざっくりしてますね(笑)
その分、貝に注力しているということで!

1つ、気になる文章が。

「マイ箸ご持参の方 お会計より200円引きさせて頂きます」

これは珍しい(笑)
割り箸代200円もしないのに太っ腹ですね。環境を考慮していてすばらしいです。
次回はぜひ持参したいと思います。

料理にも目星をつけたところで、乾杯したいと思います!

乾杯は『アサヒスーパードライ』

貝とビールも最高ですね。

最初にいただく貝料理はこちら!

『ホタテの刺身』『赤貝刺身』

ホタテの鮮度がすごい!
今シメましたって感じがします。
甘みがあって美味しい。
ホタテと山葵だけでもいいくらいホタテの味が濃いです。

身からひもまで一式ありました。
こちらは鮮度がすごいというのは感じませんでしたが、普通に美味しいです。

貝料理はどんどん続きます。
続いては、

これは好きです!

ホタテと言ったらやっぱりこれな気がしますね~

『帆立貝バター焼き』

それではいただきます。

うんまいっ!!

ホタテとバターの相性最高で激ウマです。。

バター醤油もいいですし、今回はバター焼きでした。

さてさて、美味しい料理が続いているところで最初の日本酒をいただきたいと思います。

鶴亀 純米酒 @新潟

新潟県の越後鶴亀の日本酒です。

300ml瓶でいただきました。

さ、どうぞどうぞ。

味わいは、THE日本酒って感じの、シンプルに日本酒らしい味わいです。
どしっとしてて、切れ味がカーンってくる感じがします。

漁港近くの魚介料理屋さんの雰囲気が増しますね。

続いてのメニューも貝界で人気の一品です。

『生牡蠣』

しかもなんと1個100円!!

ほぼ食べ放題ですね。
岩手県産の生牡蠣です。




大粒ほどの大きさではないので中粒とでも言いましょうか。
それでもしっかりとした身です。

こちらのお味はこの表情で感じてください。

これも最高に美味しく、新鮮そのものです。

旨い!

まだまだ貝は続きます。
むしろ貝しか続きません。

続いてはお待ちかねのこちら!

『焼はまぐり』

店名にもなっている貝ですね!

写真奥の大きめの身の方が茨城産、手前の小さ目の方は中国産です。

殻を持つのも難しいくらい熱々ですが、熱いうちにいただきます!

お味は期待値通りに最高に美味いです。
汁も旨い。

完全におかわり確定ですね。

ちなみに美味しさは、茨城の勝ちでした!

続いの貝は・・・

『つぶ貝串焼き』

串焼きというのも新しいスタイルで良きですね。

つぶ貝好きのゆなちゃんはテンション上昇中です(笑)

味わいはというと、山椒が効いてて、今まで食べてきたつぶ貝とは違う、初めましてな印象。
タレの味付けがお祭りで売ってて欲しいような味です。

ビールとも合いそうですが、これを食べて日本酒を飲む。まさに至福ですね。。

貝が急ピッチで進んで日本酒のペースが遅めでしたが、そろそろ2本目をいただきたいと思います。

高清水 特別本醸造 生貯蔵酒 @秋田

高清水は以前に野毛はしご酒のときに飲んで以来です。

秋田の日本酒ですね。

スッキリなんだけど、割とワイルドな口あたりな印象。
とっても好きです。

これは貝に合いますね。
まだまだ続きますよ~

『ばい貝ウニ和え』

日本酒のアテにぴったりですね。
食感がコリコリしてます。チマチマ食べる一品ですね。

ゆっくりいただきながら次の貝は見てても楽しい一品です。

『はまぐりの昆布焼き』

昆布焼きは牡蠣や北寄貝もありましたが、ここははまぐりですね。

店員さんがはまぐりをひっくり返したりしながら焼いてくれます。
焼いてる間の香りがいい!

途中出てきた昆布出汁の効いたはまぐり汁もいただけます。

そして焼き上がったのがこちら。

見るからに美味しそう!

一口食べると昆布の旨味を感じます。
今回も茨城産と中国産があったのですが、昆布が効いたからか差をあんまり感じなかったです。

どちらも旨い!

そして次の貝も新しいタイプです。

『小柱揚げギョーザ』

青柳貝の小柱で作った餃子です。
見てくださいこの中身を!

餃子といったら肉と野菜もたっぷりなイメージですが、小柱たっぷりです!

味は、餃子界の王者級の美味しさ・・・。

貝汁したたるジューシーさ。
これは餃子とは思わない方がいいかもしれません。新しい料理です。

さて、最後にいただく日本酒は、今回このお店のものではなく持ち込んだお酒なのですが、コラボしている『the sakeraku.』さんの日本酒です。

蔵女シリーズ prototype No.15 type H

冷やしていただきました。

美味しい。これは好きですね。
まろやかといったらいいでしょうか。

香りというよりはしっかり米の味が印象的で後引きます。
甘すぎず、辛くもなく、バランスいい日本酒です。

良い感じに〆のお酒となりました。

食事の〆はやっぱり貝づくし。

『はま吸い』

贅沢にはまぐりでっかいのが一つ入っています。

味も素晴らしいです。汁の味の染みかたが凄い!
朝と夜に飲みたい汁です。

今回は貝料理を10品もいただいてしまいました。
体が貝になっちゃいそうですね。

是非、貝好きの方は行ってみてください!




『はまぐり』のお店情報

店名 はまぐり
ジャンル 日本酒、貝専門店、魚介料理、海鮮料理
電話番号 03-3354-9018
住所 東京都新宿区新宿3-8-4
交通手段 東京メトロ新宿三丁目駅C4出口:徒歩1分
JR新宿駅:徒歩7分
営業時間 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜日、祝日
席数 30席(1階カウンター、2階座敷)
支払い方法 カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
食べログページ 食べログで確認する
今回の予算 2人で21,450円(税込) | 1人あたり10,725円(税込)
※座敷料10%込

おすすめ記事